勉強している様子

塾アルバイトでやりがいを感じて働く~テキパキ稼ごう~

家庭教師の仕事

文房具

どのようにすれば、家庭教師となれるのか

家庭教師という仕事は、学生に勉強を教えるため責任があります。特に家に出向き1対1で教えることが多いため、気楽さの反面信頼性も大切です。 よってバイトであっても大きな塾では求人があまりありません。 その理由は家庭教師になるためにはある程度の学力と信頼性が必要だからです。 多くの場合、長年勤めた先輩バイトの紹介や、学校に紹介してほしいと依頼を出しています。 例えば、中学の3年間面倒を見るのであれば、バイトは2人必要となります。 家庭教師のバイトのほとんどが大学生であるため、1年後期から仕事を始めても2年くらいで就活などの準備のためやめていく方が多いです。そこで同じ学校の後輩を紹介することで信頼性と生徒への安心感を維持することができます。

学生確保にバイトでも大変

塾であれば、少数の学生を1人の先生が教えるため学生確保の仕事は会社にあります。 しかし家庭教師の場合、1人、2人を担当するくらいまでは会社が紹介してくれますが、それ以上に教えようとするとバイト個人の努力が必要です。 もちろん大学生であれば、講義や卒業研究、就活などさまざまな時間的制約のある中で働いているため、掛け持ちできる人数にも限度があります。 先輩の紹介で担当している学生の場合、基礎は先輩が築いてくれていますが、自分で新規に獲得する場合、今教えている学生をきちんと成果を上げ親御さんからお友達紹介してもらうことが一番効率的です。 家庭教師の場合、学生だけでなく教える前後に学生の親とみんなで食事をすることもあるため、親への配慮もかなりのウェイトで大切です。